肌荒れ

うちの猫ちゃんも20歳をむかえましたが、まだまだ元気です。
今年も、そろそろ暑くなってきたので室温は気をつけないとなりませんね。

気になるのが、グルーミングでお腹を舐めすぎて、赤いプツプツや、かさぶたになっているところがあります。
これって歳だからかなぁ?

だいたい家を夕方まで留守にすると、ストレスなのかうっすらピンクの引っ掻き跡があったりします。

なんかいい薬ないかなぁ?

木陰

キキは暑くなるとせまい所にもぐりたくなるみたい。

どうやら木陰と間違えてるのか?

ネネも昔、暑くなるといなくなって、探しまわったらクローゼットの奥の奥でまんまるになって眠ってた。一番暑そうなところに。

どうか今年の夏は暑さが長引かず、かっと暑くなって夏が過ぎ去りますように。
東京の長い長い暑さと湿度は、人間や動物には負担だね。もちろん植物にも。

姪のゆらが描いた今週の絵。

どうやら誰かがお祈りしてる。
外国人のよう。大天使にも見えなくもない。
ちょっと悲しげな表情が気になる。
本人に聞いても、よくわからないみたい。何となく浮かぶのを描いてるんだって。
どうか、この人の願いがかないますように☆☆☆

IMG_3955_2

IMG_3956

記念日

6月13日は、キキと出会った記念日。

1998年の6月6日の雨がザーザー降った日にネネと出会い、その一週間後の晴れた日に同じ場所にいたキキに出会った。

17年もそばにいて、毎日見守ってくれてありがとうね。

ピンクの首輪は最近デビューしたノミとり首輪。ピンクが優しいキキに合ってるでしょ。

8才くらいまでの女子力ピークの時に比べるとおばあちゃんになったなって思うけど、毛並みは驚くほど柔らかいし
軽やかな動きはまだまだ若いよ。

それに年々甘えん坊になって可愛い。この頃はキキをモデルにしてイラスト描いてないな。
出会って17年記念にイラスト描いてあげたい♡キキさんありがとさん

IMG_3958

100万回生きたねこ

この前「100万回生きたねこ」を読んだ。

有名なお話で以前も読んだことがあったはずだけど、最後まで夢中になって読んだのははじめて。

今まで100万回生まれ変わったことがあるけど、人間嫌いで高慢だった猫が、好きな白猫さんと出会って、白猫さんには子猫が生まれ
それまでは自分が一番好きだったのに、いまは白猫さんと子猫のことが自分よりも好きなくらい大事な存在に変わる。
そしてもう自慢をすることもなく、生まれ変わることもなかったていうお話。

なんだかやけに仏教的で、尊い気持ちになるね。

自由にいきること、もっともっとと必要以上にせがまないこと(足るを知ること)、人に振り回されないことを教えてくれる猫は私にとって神様のような天使のような存在。
見た目の美しさやキュートさ、エレガントさに魅了されるだけでなく、こころの深い部分まで通じ合っているように思う。
猫さんを見るたびに溢れるようなシアワセと愛情が生まれるのも事実。

毎日猫のスケッチをして、少しでもキキの可愛さが表現できるようになりたいな☆
キキはおとなしくて、気品があって優しいから(親バカさん>ェ<)「100万回生きた猫」の白猫さんみたいだな♡

IMG_3872

IMG_3871